「遊」




バランスを気にせず、
文字を遊ばせることを優先して書きました。
(バランスを気にしてもバランス取れてませんが…)
龍の背中に動物たちが乗っかっているイメージです。
仕上げに先生から金色の筆をお借りして、
モサモサと毛を足してみました。
実物はもっとピカピカしています。

昨日のお稽古では先生からのお題、
「祇園祭」と「響」を書きました。
普段はノートに設計図を書いてから
実際に花文字を書き始める私。
でも、なんとか設計図なしでも
書くことができるようになっていたようです。
ただし、単色ですが。
配色を頭の中だけで考えるのは難しい…!
画数が多くなればなるほど難しくなってきます。
文字のバランスだって一度じゃ決まらないし。
絵柄も今ひとつ使いこなせてないし。
まだまだ修行が足りません!!!
 

スポンサーサイト

Comment

綺麗ですね
ご訪問有り難うございます。
綺麗な文字でね、僕は現役の頃、書体デザイナーとして資生堂の仕事をしていました。石井賞タイプフエースコンテストに3位入賞したことが懐かしいです。写植の時代からパソコンの時代になり時代が変わりましたね。美しい文字に挑戦してください。頑張ってね。
Re: 綺麗ですね
コメント頂き、ありがとうございます。

書体デザイナー!
そちらの世界のことは何もわかりませんが、
どうやらかなりの凄腕でいらっしゃったんですね…!
私の花文字はまだまだ趣味の世界ですが、
伝統を守りつつ、新しいことにも挑戦していきたいと思います。
頑張ります!
  • 2016/07/22 10:46
  • 正木美香
  • URL
Comment Form
公開設定